top of page
  • karinoki

おーはし農園通信(2019年2月)


 4月頭の私の出産予定まで、あと2ヶ月となり、赤ちゃんが出てきてしまうと育児で手一杯で色んなことができなくなってしまうと思うので、その前に済ませておきたい事や、確定申告の準備等で追われてきているこの頃です。

 3月の上旬に来る次の雛の注文も済ませていますが、その雛が入る鶏舎もただいま旦那がせっせと寒い中建設作業に取り組んでいます。骨組みと屋根がのったところです。これから動物に入られないように周囲を掘ってパネルを埋め込んだり、壁面の金網を張ったり、扉を付けたりと、細かい作業が残っています。

 この鶏舎が出来上がると、おーはし農園の当初の予定していた鶏舎が全て建つことになり、それぞれ150羽ずつの部屋が5部屋できることになります。目標としては、産卵している郡がいる部屋が3つで、残りは雛を育てている部屋(産まれたての雛から産卵開始まで半年程かかります。)と、これから廃鶏にする鶏が入っていたり鶏糞を出したりする期間空けておく予備の部屋となります。これからは、半年に1度、雛の導入と廃鶏にするのを繰り返していくスパンにしていきたいと思っています。そうすると、鶏は産卵開始から1年半(生後2年)まで産卵してもらうペースになります。

産み始めの頃は小さい卵を産んでいた鶏も産卵開始から1年程すると大分卵も大きく、いびつなものも増えてきてしまいます。今現在、おーはし農園では、産卵開始から1年以上経つ鶏が多く、そのため大きめの卵が多数で、その中にこの冬に産み始めた若い鶏の小さめの卵が含まれているため、卵のサイズが様々でご迷惑をおかけしているかと思いますが、若い鶏と多少年をとった鶏の卵だとしてご理解を頂けると幸いです。よろしくお願い致します。



↑無事、鷄舎完成しました!! この中で150羽程。3月7日から育雛中です。

閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page