top of page
  • karinoki

おーはし農園通信(2019年3月)



3月7日。我が家に、ニューメンバーのひよこたちが来ました。

今回も、ボリスブラウン。成績の良い品種なのですが、雛を岐阜まで取りにいかなくては

ならないのが難点。

しかも、こんな時に限って、旦那は風邪で発熱。でも、行ってくると、出かけなんとか無事に

戻ってきました(´-ω-`)


ひよこたちは、現在はコタツ状の保温室の中でぬくぬく。

茹でた大豆が大好きで、奪い合ってたべてます☆彡



以下、3月の通信です。

 

 この冬は降雪も少なく、日常的に配達に出なければならない我が家も大変助かりました。雪が降った場合、家から国道に出るまで、数百メートルの上り坂を、うち1軒で雪かきしなければならないのですが、今年は1回軽くかいた位で済んでしまいました。逆に、夏が暑すぎるような状況にならなければと心配になってしまいます。

今年は、2017年に3回に分けて導入した鶏たちが、産卵開始後1年を超えてきて採卵鶏としては年取って、産卵数が減り、卵が大きすぎたり、イビツになったりと、正規品として販売できる卵の数が減ってきて、新しい鶏とのバトンタッチの時期がきていますが、これから新しい鶏たちが十分な卵を産み始めるのは夏以降になりそうです。産卵開始後の鶏の産卵の経過の見積りが甘く、新しい雛の導入が出遅れてしまいました。1郡だけ若く今絶好調な鶏たちもいるのですが、今年の前半は、卵が少ない状況でなんとか回していければと少しヒヤヒヤしています。

 旦那が進めていた鷄舎建設も、目処がつき、少し余裕ができてきたので、昨年末に収穫した大豆の選別をやっと始めました。鹿に入られて食われてしまったりで面積の割りには収量が少なく、前年の1/3量の100kg程ですが、バットに広げて、目で見てくず大豆を取り除く手選別は、意外と時間がかかります。選別が終わったものから順次販売を始める予定です。無農薬の大豆1000円/1kgにて、500g単位で販売いたしますので、欲しい方はお声かけ下さい。

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page