top of page
  • karinoki

おーはし農園通信(2月前半)

 今年の冬は雪もそれほど降らずに助かっていますが、先日雪が降った時には、家から敷地の外へ出る斜面を上がる時に、車を滑らせてしまい、少し怖い思いをしました。通りかかった近所の方々に車を押してもらい、ハマってしまった車を動かしてもらい無事脱出。雪が降ったら躊躇せずにチェーンを履くなどしようと思ったのです。

 そして、この時助けてくれたお隣のお爺さん、ちょうどこの時、有害獣捕獲の為の罠に、鹿がかかっていまして、うちの車の脱出を手助けした後は、鹿の処理と大活躍です。さらに仕留めた鹿を一頭、まるまる我が家にくれました。背ロースは、鉄板で焼いて焼肉にして頂き、モモ肉は切り分けて冷凍庫へ。鉄分豊富な良質のお肉何キロ分もをゲットです。

 我が家で自家配合している鶏の飼料は、大豆を除けば全て国産なのですが、なるべく100パーセント国産に近づける為に、くず大豆等が手に入る所を調査中です。農協に問合せをしたところ、大豆の集荷の際に農家さんに声をかけて、いままでは捨てていたくず大豆を出荷に合わせて持ってきてくれる方を見つけてくれて、今回は675kgの地元産くず大豆を確保することができました。およそ1ヶ月分になりますし、飼料屋さんより安い価格でてに入ったのでありがたいです。さて、ここで一つ問題があります。大豆は生の状態だと毒性があり、飼料屋さんの大豆は炒ってあるものなのです。なので、くず大豆は自分で煮る等して火を通してから鶏に与える必要があります。飼料の仕込み1回に使う大豆50kgをどう煮るか、また頭を悩ませそうです。                          (果)

写真は、頂いた鹿のモモ肉です。

閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page