top of page
  • karinoki

おーはし農園通信(4月)



4月1日、我が家の次男、無事に誕生しました!



以下、4月の通信です。

3月末現在、陣痛がいつくるかと待ちながらこれを書いています。本来なら第一子と同じように、助産婦さんの助けを借りて自宅での出産を予定していたのですが、臨月に入ってから、急激なむくみと血圧の上昇で、妊娠高血圧症候群と診断され、病院に入院することとなりました。前回の出産時にも産後に高血圧になったので、元からなりやすい体質があるのと、体重の増やしすぎ、高齢等が重なり、このような状況に。もっと摂生すれば良かったと今さら悔やんでも遅いので、やんちゃな長男のいない静かな環境で、産前産後を過ごせる事を感謝して、元気な赤ちゃんを産んで帰れるように努めたいと思います。その間、旦那は、鶏の世話に卵の出荷作業、長男の相手をこなして、本当に頑張ってくれています。皆様のお手元にこの通信が届く頃には、赤ちゃんも産まれていることでしょう。

3月7日にきた、ボリスブラウンの雛たちも、元気に成長中。4月の下旬には、うちでは初めての「あずさ」の雛もやってくる予定です。その子達が、卵を産み始める秋以降は、卵も潤沢になる予定です。

古株たちの卵がイビツになって困っていたので、2月末から1群、一時休産してもらいました。数日間断食してもらい、その後2週間ほど産卵をお休みして、復帰後の卵は見た目もよくなりました。我が家では初めて行った休産でしたが、鶏たちがあまり年取る前に、もっと元気なうちに、定期的に休産を取り入れていけば、卵の品質を安定させることができるかなという感触を得ました。鶏もデリケートな生き物なので、飼う技術もまだまだこれから。切磋琢磨していきたいと思います。

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page